キメる!メンズファッションへようこそ

シーンで選ぶスマートフォンカバー

最近ではいわゆるガラケーに代わり、すっかりスマートフォンが世に浸透しています。
ビジネスシーンにおいて、また日常パソコンをよく使う人においてスマートフォンの起動の早さに敵うものなし!です。
外出先などでもストレスなく仕事やインターネットが出来ることから、今やスマートフォンはなくてはならないものであるのです。
スマートフォンには充実したアクセサリーが沢山揃っていて、スマホバッテリーや保護フィルムなど色々な種類があります。アクセサリーの中でも、スマートフォンを傷や衝撃から守る役割を持つスマートフォンカバーが特に人気です。種類や素材がかなり豊富に揃っており、先ほど挙げた理由のみならず、単純にファッションのひとつとして個性を演出することも出来ます。ビジネスシーンに合わせたものとプライベートで分けてつかうのもいいかもしれません。
それでは、スマートフォンカバーを選ぶ基準について考えてみましょう。

スマートフォンカバーの種類

ここで、スマートフォンカバーの種類を【保護する】という目的において大きく分類してみましょう。最も一般的な形状は『背面と側面を保護するタイプ』。
メーカーによって、角張った形状のものを「ケース」、丸みを帯びたものを「シェルカバー」などと用語を使い分けている場合も。
このタイプのカバーは、装着したままで各種コネクタやボタン、カメラなどを使用できるところが利点ですが、その反面、液晶部分の防護という面では弱いので一緒に液晶保護カバーを使用するといいでしょう。

次に『バンパータイプ』。スマートフォンの側面部分に取り付けるタイプのカバーです。
側面に傷がつくのを防止できますが、前面、背面は当然守れません。スマートフォンの本来のデザインをなるべく生かしながら、多少の衝撃はガードしたいという用途に使われます。

他には『スリーブタイプ』と呼ばれるレザーや布素材を使用したケースでよく使われているタイプのカバーで、封筒のような形状のケースに、スマートフォン全体を収納して使うものです。
スマートフォン全体を覆うので非使用時の本体保護性能はとても優れています。
ただし、スマートフォン使用時には、ケースから全体を取り出して使うので、保護の役目を果たしません。
デザインはおしゃれなものが多く、こちらのタイプは使用頻度の低い人には向いていると言えそうです。
このタイプのカバーの一種と言えるかもしれませんが、持ち運び用のポーチ状になったケース、防水ケースなどは、チャックなどで全体を覆う形状となっています。

最後に【フラップタイプ】。こちらもレザーケースでよく見るタイプです。スリーブタイプとの違いは、スマートフォン使用時に前面のカバー部分を開けるだけでケースから取り出すことなく使用できる点。本体保護性能を極力損なわないようにしつつ、レザーなどのおしゃれ感も楽しめるタイプです。

このように、一言でカバーといっても頻度や保護レベルなどによって様々な種類があります。もちろんデザインや素材の面でも楽しめるので、あなたもスマートフォンを選ぶ際には是非一緒にカバーも選んでみてはいかがでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

おすすめ声優養成所ランキング

Last update:2017/9/20

できる男はピシッとしたスーツを選ぶ
(c) ちょい不良(ワル)オヤジStyle Allright Reserved.